◆股関節の稼動域を広げるストレッチって?

◆股関節の稼動域を広げるストレッチって?

◆股関節のストレッチは重要?◆スポーツをする人にとって重要なのがストレッチです。
運動前後にストレッチをするかどうかでトレーニングの効果に大きく作用しますし、トレーニング後の疲労回復にも大きく影響します。
また、運動をしない人にとってもストレッチは血液やリンパの流れを良くしたり、肩こり解消や肌の張りを保ったりする作用があるためお勧めします。
ストレッチは体のあらゆる部位を対象としますが、特に股関節はストレッチの中でも大変重要です。
股関節は人間の体の中心にあり、人間の体重を支え、体のバランスを保っています。
また、股関節の柔らかさは、その人の姿勢を決定します。
運動選手ならば股関節が柔らかいと全体的に体が柔らかくなりますので足が速くなったり、技術が向上します。
また、一般の人でも体が柔らかくなることで怪我を防いだり、体のバランスが良くなるため、健康な体になります。
股関節のストレッチで一般的なのは床に座り、両足を曲げて足の裏同士をくっつけて体を前に倒すストレッチです。
いきなり負荷をかけて行うのではなく、徐々に負荷をかけていき、ゆっくりと呼吸をしながら行うと良いでしょう。
また、朝などからだが堅い時ではなく、体が温まったとき、例えばお風呂上がりなどに行うと良いでしょう。
股関節のストレッチは女性で問題となりがちなo脚も矯正することが出来ますので、スタイルに自信が無い人などにもお勧めです。
日々のストレッチを欠かさず行えば足を180°開くことだって夢ではありませんよ。
◆股関節の可動域を広げるストレッチって?◆股関節が柔らかくなると、怪我を未然に防いでくれたり、股関節痛の予防になったりします。
それでは、股関節を柔らかくして可働域を広げるようにするためには、どのようなストレッチを行うと良いのでしょう。
この股関節の可働域を広げるためのストレッチには、

・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、無理に開きすぎないよう徐々に両手に力を入れて膝を下へ押す。

 

・あぐらをかいて両方の足の裏を合わせ、足を持ったまま、上体を前にゆっくりと倒して15秒間キープする。

 

・つま先と膝をできるだけ外側に開いて立ち、そのまま前かがみにならないように真下に腰を落とす。

 

・仰向けに寝て両手で膝を抱きかかえるようにし、股関節が円を描くようになるべく大きく膝を内側と外側に回す。

 

などがあります。

 

どのストレッチも無理をせず、気持ちが良い痛みのところで止めるようにすることが重要です。
なるべく体が柔らかくなっているお風呂上りに行うと、より効果が期待できます。
股関節の可動域は、広げようと思っても、ストレッチを行えばすぐに柔らかくなるというものではありません。
時間を掛けて、ゆっくりと行うことがとても大切ですので、毎日きちんと続けることを意識してみてください。
また、股関節が痛んでストレッチができないような方は、水中を歩くだけでも効果を得ることができます。
水の中では股関節への負担が少なくなるので、それだけ自由に体を動かすことができるのです。
少しでも股関節を柔らかくして、痛みを軽減させるようにしましょう。

関連ページ

ストレッチ体操を生活に取り入れる?
ストレッチの正しい方法を学び、健康でいきいきとした生活を送りませんか?ここではストレッチの方法や使用する器具、またその効果につて解説します。
肩甲骨の稼動域を広げるストレッチって?
ストレッチの正しい方法を学び、健康でいきいきとした生活を送りませんか?ここではストレッチの方法や使用する器具、またその効果につて解説します。
腰痛に効果のあるストレッチって?
ストレッチの正しい方法を学び、健康でいきいきとした生活を送りませんか?ここではストレッチの方法や使用する器具、またその効果につて解説します。
O脚改善にストレッチは有効?
ストレッチの正しい方法を学び、健康でいきいきとした生活を送りませんか?ここではストレッチの方法や使用する器具、またその効果につて解説します。
肩こりとストレッチ
ストレッチの正しい方法を学び、健康でいきいきとした生活を送りませんか?ここではストレッチの方法や使用する器具、またその効果につて解説します。